エピカリスがUAEダービーで僅差の2着

ドバイミーティングのレースの中で日本人にとって馴染み深いのは、ワールドカップ、シーマクラシック、ターフです。
しかし昨年ラニがUAEダービーを制したこともあり、一気に日本でも知られるようになり、重要視されはじめました。

競馬セブンが注目する中、今年は日本からはエピカリスとアディラートが出走しました。
エピカリスはデビューから4戦無敗で、アディラートはダートだけに限れば3戦2勝。唯一敗れたのはヒヤシンスSでエピカリスの2着。

1番人気に推されていたのは、UAE2000ギニーを勝っているサンダースノーでしたが、レースではエピカリスは理想的な逃げを打ちます。
しかし直線に入りサンダースノーが脚を伸ばし、ゴール前でわずかにエピカリスをとらえて優勝を果たしました。

とても些細な差ですからもう一度レースを行うと結果が変わるかもしれませんが、無敗だったエピカリスが海外でも十分通用することが分かりました。
次走はどんなレースに出るのかはまだ分かりませんが、相当注目されることは間違いないでしょう。
アディラートも今回のレースを機により成長しているでしょうから楽しみです。

近い将来、今回出走した馬たちがドバイミーティングのメインレースで再び会うことができれば…とても幸せなことですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です