エリザベス女王杯を2連覇した名牝スノーフェアリー

エリザベス女王杯間近になると競馬ファンが思い出すのは、名牝スノーフェアリーでしょう。

スノーフェアリーは2010年と2011年のエリザベス女王杯を制しているイギリス所属の馬です。
イギリスとアイルランドのオークスを制し、他にも香港カップ、アイルランドのチャンピオンステークスを勝った名馬です。

はじめてエリザベス女王杯出走となった2010年は4番人気でしたが、同年牝馬3冠に輝いたアパパネが1番人気でした。
しかし結果は、2番人気のメイショウベルーガに4馬身差をつけ快勝し、当時の日本競馬の牝馬との差を見せつけました。

その後は6戦するものの勝ったのは香港カップだけという成績。
しかし前年のエリザベス女王杯の衝撃を体験している日本の競馬ファンが、2011年の同レースで1番人気に支持。
強い3歳馬のアヴェンチュラに対してクビ差ではありますが、勝利を果たします。

その後はジャンロマネ賞で1位入選するものの失格となり、引退レースをレコードタイムで勝利し引退。

ヨーロッパ所属の牝馬の中でも特に日本人に愛されている馬が、このスノーフェアリーです。
同一GIを連覇するのは簡単なことではありません。
しかしこの馬は外国馬でありながら成し遂げました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です