チャンピオンズCの展望

JRAが開催しているGIレースは数多いですが、ダートのGIは2つしかありません。
フェブラリーSとチャンピオンズCですが、このチャンピオンズCが12月はじめに行われます。
もともとはジャパンCダートというレース名で東京競馬場で行われていましたが、今は中京競馬場ダート1800メートルが舞台です。

有力馬としてまず挙げられるのは、アウォーディーでしょう。
ダートに転向後驚異の連勝街道を歩んでいますし、名だたるダートGI馬たちにも勝利を収めています。

他にはノンコノユメ、GIをとにかくたくさん勝っているコパノリッキー、古豪ホッコータルマエ、今年のフェブラリーS馬モーニンなどが出走予定です。
前評判では圧倒的にアウォーディーが注目されており、予想オッズもこの馬に被っています。
確かに強いですし勝つ確率は最も高いですが、競馬に絶対はありません。

昨年の雪辱を果たすべく出走するノンコノユメにはR・ムーア騎手が騎乗し、コパノリッキーにはC・ルメール騎手が跨ります。
昨年の優勝ジョッキーでもあるM・デムーロ騎手は、ゴールドドリームに騎乗します。

チャンピオンズCに結果次第でダート路線の力関係がはっきりしますので重要なレースとなるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です