ファルコンSの展望について

ファルコンSは、まだ幼い3歳馬だけが出走を許されたG3レースです。
舞台となるのは中京競馬場の芝1200メートルです。
NHKマイルCを目指す馬なども出走することが多く、比較的荒れることも多いです。

現時点で注目されているのが、前走ジュニアCを勝ったナイトバナレット。
強いでしょうが、過去5戦のうち4戦で出遅れてしまっているというのが心配点でしょう。
父はディープブリランテ、母父はFavorite Trickという血統です。

そしてボンセルヴィーソもファルコンSを制しても全くおかしくない馬です。
実際前走はGIの朝日杯FSですしそこで12番人気ながら3着という結果を残しているのは印象的です。
その前走もデイリー杯2歳Sで2着している点も七騎の会は見逃せません。

また昨年暮れのクリスマスローズSを制したマイネルバールマンは、父がジョーカプチーノです。
ジョーカプチーノは現役時代にファルコンSを勝っているので、父子制覇も楽しみです。

Maysonの産駒のメイソンジュニア、前走500万特別戦のかささぎ賞を勝っているデスティニーソングなども穴候補でしょう。
若駒のスプリント戦は予想が難しいですが、荒れて高配当をゲットできるチャンスでもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です