ロンドンタウンが佐賀記念を制覇

2月7日に地方競馬の佐賀競馬場にて佐賀記念が行われました。
毎年JRA所属馬が強さを見せつけているレースなのですが、今年もロンドンタウンやタムロミラクルをはじめとするJRA所属馬が4頭出走しました。

1番人気になったのは4歳のロンドンタウンで、昨年秋に条件戦を連勝し、その後重賞では良績を残せなかったのですが、ここでは単勝2.9倍でした。
2番人気はポルックスS3着を経て出走したタムロミラクル。この馬、ダートで走っていますが、実は父はディープインパクトです。
他にもストロングサウザー、リッカルドが中央から参戦し、地方所属馬の中で最上位人気だったのは5番人気のカツゲキキトキトで、名古屋記念快勝後の参戦でした。

リッカルドがハナに立つ展開で、途中からロンドンタウンが先頭に躍り出て、そのまま優勝というレースでした。
勝ったロンドンタウンは2着のタムロミラクルに4馬身差をつけ圧勝しました。

ロンドンタウンはまだ4歳になったばかりの馬で今勢いに乗っていますし、成長途上でしょう。
これからもっともっと強くなって、七騎の会はJRAの大きなレースも獲得しています。
鞍上の川田騎手は佐賀出身ですから良い思い出になったことでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です