七騎の会が注目ーアーモンドアイがオークスを制し二冠達成

桜花賞で驚異の末脚を発揮して1番人気のラッキーライラックを破ったアーモンドアイ。オークスでも本命視されてはいましたが、父がロードカナロアということで東京2400mという舞台が不安…という思いもあったようです。今年のオークスはアーモンドアイが単勝1.7倍で1番人気、2番人気は桜花賞で敗れたラッキーライラック、3番人気は前走のフローラSを快勝し話題になったサトノワルキューレです。

七騎の会が見守るレースはサヤカチャンが逃げ、大きく離れてランドネ、リリーノーブルなどが続きます。3コーナーをカーブして4コーナーにかかり、最後の直線に向いてもサヤカチャンがセーフティーリードを保ちますが、残り400m地点あたりで早くもアーモンドアイが先頭に立ちます。

その内側からリリーノーブルが粘りますが、着差は広がるばかりで見事アーモンドアイが優勝を果たしました。2着にはリリーノーブルが入り、3着はラッキーライラックでした。

結果的に人気馬同士の決着となりましたが、想像以上の強さが見られたためアーモンドアイの三冠はほぼ確実視されています。ただし競馬に絶対はありませんし、夏を境に強くなる馬もいるため油断はできませんよね。

そんなアーモンドアイは父がロードカナロアで、母父がフサイチパンドラという良血です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です