新種牡馬・フランケルの勢いが止まらない!

今世紀最強の芝馬といっても過言ではないフランケルですが、彼がターフを去って早数年。
今年の2歳馬がフランケルの初年度産駒になります。

やはり圧倒的な強さを見せていたわけですので、注目されて当然ですよね。
現役時代は、負けなしの14戦14勝というパーフェクトな成績を残し、世界中に衝撃を与えました。

父は世界的大種牡馬のガリレオ、母の父は一時代を築いた大種牡馬のデインヒルです。
海外ではすでにフランケルの子どもが多数デビューを果たしているのですが、勝ち上がり率が高いというニュースが飛び込んできました。
それにフェアイーヴァという馬がG3レースを勝利して、来年の1000ギニーで現時点で1番人気になりました。

日本でもフランケルの子どものソウルスターリングがデビューを果たしますが、母がGIを6勝もした世界的名牝のスタセリタということもあり、国内でも注目されています。

フランケルの種牡馬生活は始まったばかりですし、子どもがデビューして数か月しか経っていません。
恐らく今後は益々活躍するはずですから、フランケルの怪物伝説がまた見られそうです。
現役時代に見せたあの雄姿を、フランケルの子ども達が引き継いでくれることを願うばかりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です