鳴尾記念で豊マジック炸裂!

6月3日に阪神競馬場で行われた鳴尾記念は、GIでも善戦しているスマートレイアーが1番人気に推され、2番人気には但馬Sで復活を果たしバンドワゴン、そして3番人気には武豊騎手鞍上のステイインシアトルでした。

この日の阪神競馬場の芝レースは異常なほど前残りの状態で、ひそかにステイインシアトルの逃げ切り勝ちを予想していた人も多いでしょう。
七騎の会がずっと応援している武豊騎手は逃げの名手でもありますし、まさに豊マジックが炸裂する最高の舞台となりました。

絶妙の逃げによってステイインシアトルを導き、ゴール前で襲いかかってくるスマートレイアーにクビ差をつけて逃げ切り勝ちを収めました。
まさに武豊騎手の豊マジックが炸裂したからこそ勝利できた、と思わせるようなレースでした。

ステイインシアトルはステイゴールド、母父はBelongtoMe。
母の名前はシアトルサンセットなので、父と母の名前から付けられた名前なのでしょう。

父のステイゴールド比較的晩成型の傾向にあるため、現在6歳のステイインシアトルも今後今以上の活躍を見せてくれるでしょう。
是非ともまた大きな舞台で武豊騎手との逃げ切り勝ちを見てみたいです。

敗れたスマートレイアーも力があるところをしっかりと見せつけてくれました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です