2016年の秋競馬を占う(3歳編)

2016年のクラシック戦線はとても盛り上がりを見せており、日本ダービーを制覇したマカヒキは凱旋門賞に挑戦をします。
凱旋門賞は斤量面のことを考えると3歳馬にも有利ですので、日本競馬界の悲願を是非とも達成してほしいところです。

秋の3歳GIといえばまずは秋華賞ですね。
秋華賞はクラシックレースではありませんが、牝馬3冠レースの中のひとつということもあって毎年大きな注目を浴びます。
桜花賞馬ジュエラー、オークス馬シンハライト。そしてもしメジャーエンブレムも出走するのであれば、大いに盛り上がることは間違いないでしょう。

菊花賞は、皐月賞を勝ったディーマジェスティやダービー2着馬のサトノダイヤモンドが出走するでしょうし、例年夏の上がり馬が急に力をつけて勝つこともあるので要チェックです。
例えばトーホウジャッカルなどもその例ですよね。
3歳の夏に大きく力をつける馬もいますし、有力馬は夏休みをとる中、夏に条件戦などを走っていた馬が変身するケースも少なくありません。

そしてこれらの秋華賞や菊花賞で結果を残すと、ジャパンカップや有馬記念に出走する馬もいるので目が離せません。
何はともあれ全馬無事に走り終えてほしいところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です