競馬レース11:安田記念

競馬のレースについて 【競馬セブン・七騎の会】

A: 安田記念とは、日本中央競馬会(JRA)が東京競馬場の芝1600メートルで施行する中央競馬の重賞(GⅠ)競走のことです。正賞は農林水産大臣賞・日本馬主協会連合会会長賞です。

農林水産大臣賞が正賞なので、正式名称は農林水産省賞典安田記念と表記されています。競走名は、日本中央競馬会初代理事長・安田伊左衛門の功績を称えることから付けられています。
安田伊左衛門は、「日本競馬の父」「日本ダービーの生みの親」と呼ばれています。
1951年に安田の業績を称え、日本競馬史上初のマイル重賞「安田賞」が誕生しました。1958年に安田が死去した後、同レースは安田記念と改称され、現在は春季の芝マイル部門チャンピオンホース決定戦として開催されています。