競馬レース22:朝日杯フューチュリティS

競馬のレースについて 【競馬セブン・七騎の会】

A: 朝日杯フューチュリティSとは、日本中央競馬会が中山競馬場の芝1600メートルで施行する中央競馬の重賞競走です。
正賞は朝日新聞社賞、日本馬主協会連合会会長賞、日本軽種馬協会会長賞です。

2歳馬による競走だったのですが、2001年に競走馬の年齢表記を国際基準に合わせるため、競走名が朝日杯3歳ステークスから「朝日杯フューチュリティS」に変更されました。フューチュリティとは、英語で「未来・将来・前途」という意味があります。
もともとは、「朝日杯3歳ステークス」として1949年に創設された当競走です。
創設時は中山の芝1100mで施行され、1959年に1200m、62年に現行の1600mに距離が延長されました。
1991年から牡馬・牝馬のチャンピオンを明確にするという目的で、阪神3歳Sが牝馬限定戦に変更され、名称も阪神3歳牝馬Sとなりましたが、2001年の馬齢表記変更に伴い、レース名が「朝日杯フューチュリティステークス」に変更され、2004年からは条件が牡馬・セン馬から牡馬・牝馬に変更されました。