競馬レース26:アメリカジョッキークラブカップ

競馬のレースについて 【競馬セブン・七騎の会】

A: アメリカジョッキークラブカップとは、日本中央競馬会が中山競馬場の芝外回り2200メートルで施行する中央競馬の重賞競走です。正賞はアメリカジョッキークラブ賞です。

新聞の紙面上などではAJCCまたはAJC杯、優勝レイではAJCカップと省略して表記されます。
正賞がアメリカジョッキークラブ賞の理由は、1960年に日本とアメリカの友好の一環として、ニューヨークジョッキークラブから優勝杯の贈呈を受け創設されたからです。
年明け後に関東圏で最初に迎える芝のGII競走であり、年始に始めて関東で行われるレースのため、競馬ファンには、楽しみなレースの一つです。
出走条件は、サラブレッド系4歳(旧5歳)以上のJRA所属の競走馬および外国調教馬(8頭まで)です。負担重量は4歳なら55キログラム、5歳以上は56キログラム、牝馬は2キログラム減を基本としており、他の条件は下記になります。

・施行日当日から1年前の開催週以降のGI競走(牝馬限定競走は除きます。)1着馬は2キログラム増になります。
・施行日当日から1年前の開催週以降の牝馬限定GI競走、またはGII競走(牝馬限定競走は除きます。)1着馬は1キログラム増になります。
・施行日当日から1年前の開催週より過去のGI競走(牝馬限定競走は除きます。)着馬は1キログラム増になります。

以上の条件で斤量が課せられます。また、2007年までは賞金別定で行われていましたが、2008年より有力馬の出走を促すためグレード別定重量に変更となっています。