競馬レース37:凱旋門賞

競馬のレースについて 【競馬セブン・七騎の会】

A: 仏のロンシャン競馬場という場所で10月の一週目の日曜日に年に一度開かれる競馬の重賞(G1)競走のことです。レースにおいての距離というのは、芝で2400メートルとされております。ヨーロッパにおいては最高峰と扱われているレースの一つとなります。

第一次世界大戦が終了してまもなく、衰退してしあった仏の競馬復活というテーマを掲げて生まれたグローバルな競走です。
そのため、ヨーロッパに限定されることなく、世界中で憧れているホースマンがいます。まさに世界でトップレベルの競走の1つと言えるでしょう。
ヨーロッパ各地からさまざまな実績を持った旬な活躍馬が集結する中長距離のヨーロッパチャンピオンを決定するレースになります。
このレースは、日本においてもとても知名度のあり、メジャーな競走です。
凱旋門賞自体を盛り上げるため、凱旋門賞の前日に4つものレースがあらかじめ前座として行われます。
また、「凱旋門賞weekend」と呼ばれる週末もあるほどです。