競馬レース38:優秀牝馬(オークス)(G1)

競馬のレースについて 【競馬セブン・七騎の会】

A: 現3歳の牝馬限定のクラシック競争で、格付けはG1になります。
なぜオークスと呼ぶのかと言うと、イギリスのオークスステークスに習って作られたためで、メディアにはどちらも使われることがあります。

同じG1レースの東京優駿と並び、古くから存在するレースで、創設年は1938年です。また、五代競走の一角でもあります。
開催は東京優駿の開催前週の日曜日が原則となりますが、一度だけ、開催日が変わったことがあります。
オークスは直訳で樫の女王決定戦と呼ばれ、八大競走にも名を連ねます。他には、桜花賞が桜の女王決定戦と呼ばれているようです。
オークスのレース距離は芝2400mとなっており、通常よりも長く設定されています。この長さは牝馬にとっては過酷で、向き不向きがあり、他のレースでは負け無しの馬がここでは負けてしまうこともあります。
未知のレースと言われるオークスでは、2千年代になっても、波乱に満ち溢れています。