競馬界の3柱を担うからこそ、競馬セブン

トレセンの他にも、牧場関係者、馬主といった業界関係者の発言力が強くなっているのが現代の競馬です。勝ち馬を導き続け、レースを獲り続けようと考えるのであれば、トレセンから得られる情報だけでは圧倒的に不足していると言わざるを得ません。

こういった時代であるからこそ、競馬セブンでは競馬学校にて教官を務めた徳吉が「トレセン」から得られる情報の、現役でトラックマンを続ける古川が「馬主」の、軽種牡馬協会で理事を務めた斎藤が「生産者」からのと、各分野3人のスペシャリストを中心とした幅広いネットワークを構築し、1方面から得られた情報だけを提供するのではなく、各方面から得られた情報を情報同士裏打ちすることで、情報ネットワークをより強固なものとしています。

コンスタントにレースを獲りに行くことができるのは競馬セブンで得られた情報だからこそ。スポーツ新聞社や競馬新聞紙各社では模倣不可能なシステムを可能として、業界最先端のシステムで競馬界を競馬セブンは独占していきます。こうした情報をまず利用者は無料で体験し、情報に信憑性を感じてもらった上で正式な会員の手続きを経ています。

主に無料で提供される情報の1例を上げると、GIレース特集がその代表例といえます。この他にも毎週多くの情報が更新と同時にメール配信されます。まずはお気軽にご登録されてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です