秋の古馬GIシリーズの中でも格の高い天皇賞秋は古馬のみならず3歳馬も栄冠を狙う重要なレースです。人気が予想される馬の中には前走の安田記念では3着に敗れてしまったものの大阪杯で初GI制覇を成し遂げたスワーヴリチャードもいます。そして昨年のダービー馬で、前走のオールカマーで久しぶりの勝利を収めたレイデオロも怖く、本領発揮できれば当然勝利できる可能性も高いでしょう。

またワグネリアンは代打騎乗となった藤岡康太騎手が操り神戸新聞杯を勝利し、勢いにのった状態で天皇賞秋に臨みます。実は復調気配の見えるマカヒキも出走を予定しており、3世代のダービー馬がそろい踏みという嬉しい事態になりそうです。

札幌記念を制したサングレーザーや勢いに陰りが見えていますが復調を目指すダノンプレミアムも出走を予定していて、さらに今年の宝塚記念であっと言わせたミッキーロケットもいます。他にもアルアインやヴィブロス、キセキ、サトノクラウン、ネオリアリズムといったそうそうたるメンバーが揃いそうです。

このレースの結果次第で今年の秋冬のGI戦線の動向や年度代表馬の行方、さらに来年以降の国内の競馬の情勢なども大きく変わるので、注目すべきです。